自分でやる防災研究・普及所

Kurumaza Lab
 公開くるまざラボ

公開くるまざラボ募集中

実例を知れば備えが変わる! 大切な人に伝えたくなる大規模災害の「超リアル」~子どもから見た大規模災害~

普段の生活では想像もつかないことが起きる、それが大規模災害です。

命を守るために必要なのは、防災グッズのようなモノだけではなく、
その時災害の現場にいた担い手にしか語れない「超リアル」でした!

今回は、「被災すると子どもはどうなるのか」を切り口とした超リアルを、
当時、小・中学生だった二人の担い手から引き出してお届けします。

子育て中のご家族から教員など子どもに携わる方まで、ぜひ参加して、大切な人に伝えてください。

講座の詳細(PDF)

12月18日(土)14:30~16:00 「家族が迎えに来るまで心細く過ごした小学校での時間」 3.11当時、小学4年生(宮城県多賀城市)工藤 彩佳 さん

12月25日(土)14:30~16:00 「避難所になった中学校で過ごしたひと夜」 3.11当時、中学1年生(宮城県南三陸町)佐藤 美南 さん

公開くるまざラボの一覧へ

Menu